検索

パリのお気に入りマルシェ / Marché d'Aligre

今住んでいるマレ地区から近いので

よくお買い物に行くお気に入りのマルシェ

Marché d'Aligre(マルシェダリーグル)


いつも行くビオのお店でお野菜とフルーツを調達。

プルーンは大好きでいつも買っています。

Prunes Agen (プルーンアジャン)はフランスのアジャンという街で採れたプルーン。

スーパーで見かけるドライプルーンも、アジャンの物が多い気がします。

日本ではドライプルーンと言えばカルフォルニア産がメジャーな気がしますが

アジャンが先で、後にカルフォルニアに伝わったそうです。


気になってプルーンの歴史を少し調べてみました。

(以下ミキプルーンのHPより抜粋)


プルーン発祥の地は、西アジアのコーカサス地方です。

黒海とカスピ海に挟まれ、長寿の人(センテナリアン)が多いことで知られる場所です。

この地から、乾燥したプルーン、さらには苗木がヨーロッパに持ち込まれ、南フランスのアジャンで盛んに栽培され、海を渡ってカリフォルニアにたどり着きます。


Reine claude(レーヌ・クロード)も大好きなフルーツ。

大好きなミラベルと一緒にいつも買っています。

こちらはフランソワ1世の妃であったクロード女王の名を冠した品種。


私は熟れたフルーツが好きなので

いつも柔らかめのものを選んで買っています。

買うときに触って柔らかいものを選んでいたら

お店の方にあまり強く触らないでね!って注意されちゃいました。

皆さんもお買い物される際にはご注意ください。。

フルーツを買ったお店にはépinard(ほうれん草)がなかったので

他のお店で買いました。


マルシェにはたくさんのお店が並んでいるので

はじめはどこで買って良いのか分からず

すごく時間がかかりました。


最近はようやく行きつけのお店が出来て、

お目当てのものが探せるようになってきました。

こんな色鮮やかなお野菜を見ているだけで楽しい。


Chou-rave(コールラビ )も日本ではあまり見ないお野菜かな。

初めて買った時はどうやって料理するのか分からず

ネットで調べた記憶があります。

カブや大根より少し硬くて、

ブロッコリーの茎に近い感じがしました。


今回購入したお野菜とフルーツたち。

最近マルシェ用のpanier(パニエ)を手に入れて

お買い物が断然楽に。


日本でもやっとスーパーのレジ袋が有料になって

マイバックを持ち運ぶ方が増えたと思いますが

パリのようにカゴバックが普及しないのはなぜなのかな。


袋も要らず、たくさん入って、そのままインテリアに使えてとっても便利。


© KUMIKO NAKAGAWA All rights Reserved.

  • 5e966e0f0a673434ef82173642bd4ef9.png_srz_p_30_30_75_22_0.50_1.20_0.png
  • 13ab93739771c3a90bf78b73eaae3a68.png_srz_p_30_30_75_22_0.50_1.20_0.png
  • 5646dd573d7c47fa7830e44e1ae58166.png_srz_p_30_30_75_22_0.50_1.20_0.png