top of page

持ち物リスト【靴編】 〜2022年8月更新〜

今年に入って色々と持ち物が入れ替わりました。

自分がミニマリストとはまだ言えないと思うけど、渡仏をしてからスーツケース2個で引っ越しが出来る様にしています。

以前も持ち物を全て数えたことはありますが、今回はちゃんと持っている理由や、購入に至った経緯などを書き留めて、改めて持ち物を見直しています。

とゆうことで、今持っている靴編です。

靴(4)

・レザーブーツ(Dr.Martens / 1460 8HOLE BOOT BLACK MONO

ローファー(GUCCI / 1953 Horsebit leather loafer

・スニーカー(NEW BALANCE /GC990 V5 GREY

・サンダル(BIRKENSTOCK / GIZEH EVA white


靴は現在4足になりました。

昔はハイヒールばかり履いていて、歩きやすさより完全に見た目重視でしたが、渡仏してから歩きやすさ重視に変わりました。パリで生活していると徒歩移動が多く、長時間歩いても疲れない靴が残りました。

・レザーブーツ(Dr.Martens / 1460 8HOLE BOOT BLACK MONO

今年新たに購入したDr.Martensのブーツ。

去年購入したレザーブーツを毎日のように履いていたら、外反母趾のせいで骨が出ている部分が擦れて皮がかなり傷付いてしまいました。

今年に入って代わりになる黒のレザーブーツを探していたけど、中々気に入ったものが見つからず。やっぱり靴は高級なものが良いかなと思い、CELINEやChurch’sなどのハイブランドを見たけど700€くらいするのでお財布と相談して即購入には至らず。またすぐ履き潰すなら安いブランドもありかなとZARAやH&Mなどへ試着しに行ったけど、やっぱりちょっとチープさが気になり安いけど即購入には至らず。前回購入したパリのシューズブランドJONAKなど、ハイブランドとファストファッションの間の価格帯なども見に行ったりして結構探しました。


Dr.Martensはロックなイメージで、どちらかと言えば若者が履いている印象があり、私には合わないとずっと避けていました。そんなある時、雑誌でスタイリストさんが小慣れた感じでDr.Martensの定番8ホールを履きこなしているスナップを見て、大人でもカッコ良く履けるんだなあと感じて見方が少し変わりました。そのスタイリストさんが誰なのか、いくつなのかもうわからないけど、私よりは少し年齢が上なイメージでした。それからDr.Martensが気になり始めて店頭に見に行くと、オールブラックモデルを発見。Dr.Martensを避けていた理由の一つはイエローステッチが「いかにもDr.Martens」を主張していたから。彼女が履いていたのはイエローステッチでしたが、オールブラックの方がブランドの存在感が無くて気に入りました。

脱ぎ履きしやすいサイドゴアとも迷いましたが、少し丈が長めの8ホールで足元にボリュームを出したいなと思い、オールブラックの 8ホールブーツに決定。


ローファー(GUCCI / 1953 Horsebit leather loafer

2014年に東京で購入したグッチのローファー。

当時長く履けるローファーを探していて、GUCCIのブティックに行って試し履きしてみたけど皮が硬くてどうもしっくりこない。使っていくうちに馴染んでくるかなあと思いながら購入を悩んでいた時に、東京のヴィンテージショップで同じローファーを偶然発見。履いてみたら、皮が馴染んでて私の外反母趾の足でも痛くない!ということで即購入した思い出があります。

私が購入してからは8年目だけど、前の持ち主がもっと履いていただろうから10年以上は使っているはず。購入してから何度かヒールやゴムを張り替えてメンテナンスしています。

今でも同じモデルが販売されていますが、HPをみたら当時より価格が上がっていました。 (2022年現在)


トッズのローファーもずっと欲しくてパリに来てから購入したんですが、グッチより細身で私の外反母趾の足には痛くなってしまいました。実家に置きっぱなしになっているので、次回帰国した際に売りに行こうと思っているところです。


・スニーカー(NEW BALANCE /GC990 V5 GREY

スニーカーはずっとニューバランス996を愛用していましたが、長年履いてたら流石にボロボロに。また同じモデルを買おうと探していたのですが、店頭に欲しい色がなくて購入を先延ばしにしていました。前回は996のネイビーを履いていましたが、最近明るい服を着るようになって靴も白やグレーなど、明るめで探していたのですが欲しい色が見つからず。そうしてる間に「もう996に拘らなくても良いんじゃない?」と思い、900番台で探し始めました。

ニューバランスの歴史などを調べていたら「1000点中990点」というキャッチコピーに惹かれ、原点に返って990の最新モデル GC990 V5 に辿り着きました。

因みに、私が初めてニューバランスを購入したのは「スニーカーのロールスロイス」と評される1400でした。1人でイタリア旅行に行く際、歩きやすいスニーカーが欲しいと調べていたところ、ニューバランス1400に辿り着きました。1400も気に入って履いていたらボロボロになり、もう少しシャープなモデルがいいなと996にチェンジ。そして GC990 V5 は3代目です。


1代目 NEW BALANCE 1400 / グレー

2代目 NEW BALANCE 996 / ネイビー

3代目 NEW BALANCE GC990 V5 / グレー


ニューバランスではなくアディダスのスタンスミスやコンバースなど、定番スニーカーを試した時期もありましたが、ソールが平らなスニーカーよりクッション性のあるニューバランスの方が断然歩きやすいし私にはしっくりきました。なので、これからスニーカーはニューバランス一択です。

・サンダル(BIRKENSTOCK / GIZEH EVA white

全く同じモデルのブラックを持っていたのですが、先月トング部分が壊れてしまいました。2017年に購入して5年目だったので、長持ちした方かな。今履いているホワイトは2020年に購入したので2年目です。なので、後3年は持つかな。

ニューバランスと同じく、履きやすいサンダルを探していたらビルケンシュトックに辿り着きました。私にはスニーカー=ニューバランス、サンダル=ビルケンシュトックがピッタリです。

はじめは同じモデルGizehの定番コルクサンダルを履いていましたが、汗をかいてコルク部分が汚れてしまい、買い替えを検討していたらこのEVA素材を発見。履いたらめっちゃ軽いし、水洗い出来るし、こっちの方が良いやん!ってなってから夏はずっとコレです。


デザインはベルトが2本のArizona(アリゾナ)も好きで、Gizehの前に一度履いていたのですが、外反母趾の骨が出ている部分とベルトが当たって痛くなり、私の足には合いませんでした。

ということで、サンダルはビルケンの GIZEH EVA 一択です。

またトング部分が壊れたら買い換えますが、次回は違うカラーもありかなと思っています。


・インソール(BIRKENSTOCK / Blue Footbed Sport)

靴ではないですが、番外編のインソール。こちらもビルケンのもの。

パリに来てからよく歩くようになったので、もっと快適に歩きたいと思って見つけたのがこちらのインソール。新しく購入したドクターマーチンとニューバランスのスニーカーに入れて履いています。外反母趾のためにも良いかなと思いましたが、残念ながら外反母趾には効果ないです。




以上、現在所有している靴4足でした。

ずっと歩きやすいヒールがあれば欲しいと思っているので、パリの街中でも歩けるヒールが見つかれば仲間入りさせたいと思っています。

閲覧数:164回

Comments


bottom of page