検索

7号食1日目 / Brown Rice Cleanse Day-1

「トミタ式7号食」1日目。

約1年2ヶ月ぶり3回目の7号食です。


8月に参加するヨグ合宿のために、一度体をリセットするのが目的。





改めて、「トミタ式7号食」について。


「トミタ式7号食」は、冨田哲秀氏が考案した

『未精製の穀物(玄米・雑穀・古代米)』『飲み物はお水かノンカフェインのお茶』『たっぷりのゴマ塩』で、10日間(復食期間をいれて16日間)を過ごす

というシンプルかつ画期的な食養法です。

そもそも7号食とは、マクロビオティックの創始者・桜沢如一先生が、提唱した半断食法です。

劇的な効果を発揮するのですが、『1日に玄米ご飯お茶碗1杯だけ』で10日間を過ごす、という過酷さに挫折する方が多かったため、冨田氏が「この食養法をもっと多くの人に広めたい」と考え、「未精製の穀物(玄米・古代米・雑穀米)を好きなだけ食べても7号食と同じ効果が得られる」ことを発見し誕生したのが「トミタ式7号食」。


では続いて「トミタ式7号食」のやり方。


【1~10日目】

玄米と十五種雑穀を半々と少々の塩で炊いたものに、ゴマ塩をふりかけて食べます。 (蒼の元米2:滋養米1:十五種雑穀1でも可。こちらの方が食べやすい。) 飲み物は、ノンカフェインのお茶かお水。 『梅干し一粒』と『たくあん一切れ』は食べてもOKです。 *ただし、添加物を含まない、昔ながらの製法で作られたもの。 *アルコールは厳禁です。

【11~13日目】(復食期間)

1~10日目までの食事に『具なしの精進味噌汁』追加。

【14~16日目】(復食期間)

1~10日目の食事に『具ありのお味噌汁』追加。 具は、動物性のものは避ける。

BL研究所のHPに、「体力がある方は3日間玄米甘酒のみでも良い」とあったので

今日は甘酒のみで過ごしました。

本当は玄米甘酒が良いのですが、ネットで注文した玄米甘酒が間に合わず、スーパーなどで探しましたが見つけられなかったので今日は普通の甘酒を飲みました。

明日の午前中に玄米甘酒が届く予定なので、玄米甘酒だけで過ごすか、明日から玄米生活に入ろうか気分で決めようかと思います。

因みに、「酵素玄米は小豆を入れなければ良い」そうなので、前回はやらなかった酵素玄米も食べたいなあと思っています。 前回は好転反応はなかったのですが

今日はやたら頭が痛い。

これが好転反応かわかりませんが、普段は頭痛などないので恐らくそうでしょう。


7号食をやるというと、大体「辛そう」といった感想が返ってきますが、

私は久しぶりに蒼の元米が食べれるのが嬉しいです。


----------------------------------------------------------

2021/07/01

Brown Rice Cleanse Day-1


7h30 起床

11h30 ~ 18h00 甘酒+NUKA

21h30 就寝


----------------------------------------------------------


お通じ 0回