top of page

Tour Génoise d'Omigna / コルシカ島の黄色いお花 Immortelle(イモーテル)


今朝は滞在しているお家からTour Génoise d'Omignaという塔までお散歩。陽射しが強くなる前の朝7時過ぎにお家を出発したけれど、戻ってきた頃にはお昼になっていました。


海岸を渡った場所から塔までの報復が滞在させて頂いているマダムのランニングコースらしく、それまでの道のりに沢山お花が咲いていると教えてもらったので、私も咲いている所を見たいので一緒に連れて行ってもらいました。


先ずは砂浜まで降りて行きます。母と同い年くらいのマダムですが、ヨガを毎日してランニングも週に2,3回していてとってもアクティブ。服装もとてもオシャレで、赤色が大好きでいつも明るい色のお洋服を素敵に着こなしています。この日のスポーツウエアはピンクコーデ。サックまで同じピンク色で抜かりなし。

ランニングのスタート地点まで行くのに結構時間がかかります。

早朝の砂浜は誰も居なくて静かで気持ちが良い。

今日は沢山のクラゲが砂浜に。水族館でクラゲを見たことはあるけれど、普通にこんなに近くで見たのは初めてかも。危ないから触っちゃいけないと言われたけど、透明でこんなに綺麗だと触ってみたくなってしまう。


砂浜を渡り切ったら、スニーカーを履き直して岩を登って行きます。ロッククライミングみたいでこれだけでも結構良い運動になります。マダムの足取りが軽くて素晴らしい。


この塔を目指してマダムはランニングスタート。歩いて報復2時間の距離で、結構凹凸もあったけど眺めも良くて絶好のハイキングコースです。マダムがランしている間、私は写真を撮りつウォーキング。

塔の近くまで来た頃には、すごいイモーテルの香り!塔までの道のりにも所々に咲いていたけど、塔の周辺は一面のイモーテルが咲いてて、カレーの香りで充満していました。

イモーテルはドライフラワーに最適なので、帰り道に摘んでドライにしました。

Immortelle(イモーテル)はフランス語で「不死」という意味で、ドライフラワーにしても形が変わらないことに由来しているそう。岩場の荒地でも力強くさく黄色のお花は、ヨーロッパの特に今いるコルシカ島でよく見られるお花です。

閲覧数:11回

Comments


bottom of page