検索

Yoga retreats in Corsica


ずっと行きたかった地中海に浮かぶコルシカ島。

Ile de Beauté(美しい島)と呼ばれるこの島で、ヨガ友達がリトリートを開催すると知り念願叶って行ってきました。


オルリー空港からコルシカ島のAjaccio(アジャクシオ)まで1時間半ほど。

パリに住んでいたらすぐに行けちゃう距離です。

チケットは往復で310€でした。


空港まで友達が車で迎えに来てくれて、リトリートの宿泊施設に到着。

一軒家を貸し切っていて、お庭を抜けるとプライベートビーチへ。

お庭にはお花やハーブがすくすくと育っています。

友達のお母さんがコルシカ島に住んでいるそうで、

リトリートのお手伝いに来てくれました。

ブーケを作ってお部屋へ。

私の母も実家でこうやってお花を摘んで

生花をしているのを思い出します。


フレッシュミント。

ミントティーにしたり、お料理に使ったり。

小ぶりだけど美味しい枇杷。

パリのマルシェでもちらほら見かけるようになった枇杷は

フランスだとnèfle(ネーフル)と呼んでいます。

調べてみると néfle du japonという表記もありました。


お料理は殆ど毎日友達とお母さんが手作りしてくれました。

こちらは手作りギー。

バターを煮て、不純物を取り除いたら冷蔵庫で冷やし完成。

毎回食卓に登場していました。

毎日いろんなヴァリエーションで見た目も綺麗で本当に美味しい。

左手前のコルシカのコンフィチューや蜂蜜も美味しくてお土産に買って帰りました。

自分の好きな分だけ取ってお庭でいただきました。

特に右上のビーツのムースが絶品。

コルシカのチーズも食卓に登場する度舌鼓。




こちらは3日目の朝ごはん。

フランスに来てから好きになったporridge(ポリッジ)。

オートミールを水や牛乳で煮たお粥の様なもので、日本でもヘルシーで健康によく浸透しつつあると思います。

私はこのドロッとしたお粥の様なものが好きなのでパリでよく食べています。

卵やチーズをプラスしてメインのご飯にしたり、ドライフルーツやシロップをかけて甘くすればデザートの様にもなります。


友人作のものは、バナナとリンゴを一緒に煮てくれた甘いバージョン。

ここにドライフルーツやナッツをトッピングして食べようとしたら

「ギーをプラスしたらもっと美味しいよ」と手作りギーを乗っけてくれました。



4日目のお昼ご飯はmusakka(ムサカ )。

ギリシャ、バルカン半島とマシュリク、エジプトなど東地中海沿岸の伝統的な野菜料理。

お茄子がいっぱい入っています。


コルシカ島の形をしたお皿がかわいい。